息子のためのたまご

息子のためのたまご

「息子のためのたまご」は、息子のいる農園スタッフの安齋くんからの提案でした(息子のためのたまご開発秘話)。アローカナは、南米チリ原産の在来種(アメリカ先住民族「マプチェ族」(アラウカノ族)が飼育していたコロンガとクエトロの交配種)です。「マプチェ」とは大地に生きる人々の意味。迫害の歴史にありながらも自然と共に力強く生き続けてきた人々が愛した鶏のたまごの殻は珍しいきれいな水色です。緑の草の中に産んだ時に外敵に見つかりにくくするため。野生力溢れるたまごの味は濃厚で旨みがぎっしり!カロチノイド、ビタミンBが約10倍~20倍、レシチン約2倍、ビタミンEが約11倍(全て一般的たまごとの比較)です。

やますけのたまごは生たまご専用です

たまごかけごはんが一般的に好まれる日本では、アレルギーや卵嫌いの人を除いてはたまごを生で食べたことのない人はいないでしょう。しかし、そんなに浸透している食材・食べ方なのに、実は、生たまごに疑心暗鬼になる人も大勢いるのです。
それは、養鶏やたまごに関する情報があまりにも少なく、さらに誤った通説が多く存在するから…

たまごの色を濃くする工夫はしません

たまごかけごはんが一般的に好まれる日本では、アレルギーや卵嫌いの人を除いてはたまごを生で食べたことのない人はいないでしょう。しかし、そんなに浸透している食材・食べ方なのに、実は、生たまごに疑心暗鬼になる人も大勢いるのです。
それは、養鶏やたまごに関する情報があまりにも少なく、さらに誤った通説が多く存在するから…

飼育のポイント

鶏の飼育環境はその養鶏場によって、大きく「ケージ飼い」と、「平飼い(放し飼い)」の2つに分けられます。
前者は、大規模養鶏場の効率を追求した飼育方法で…

やますけが考える賞味期限

まごの賞味期限がどのように付けられているか、ご存知ですか?
安心して「生食」できる期限を表示したものなのですが、どうだったら安心できるのか?という部分に明確な決まりはありません…

ページトップへ