白身を味わう、たまごごはん

やますけたまごのTKGの食べ方

やますけのたまごが一番おいしいのは、生。
たまごかけごはん=TKGです。

 

たまごごはんの味わい方1 ご飯は真ん中を高く土手を作るように、よそう。

2 卵をのせる(そのまま、溶きほぐさずにのせる)。

3 卵黄と卵白のつながりを箸で切り、卵黄と卵白を分ける。

4 卵ではなく「ごはん」に醤油をかける。

5 まずは「白身」から混ぜていただく。
※白身の味を楽しんでください

6 次に「卵黄」を混ぜていただく。
※卵黄を味を楽しめます

7 そして〆は、ごちゃ混ぜて。三度の味を楽しんでください。

 
白身だけでごはんを食べてみると、そのまろやかな甘みに驚かれることと思います。もちろん、嫌な臭いは全くありません。次に、黄身とごはんをいただきます。やますけのたまごの黄身は、たまごの色を濃くするための、鶏の体に負担をかけることを一切していませんから、薄いきれいなレモン色をしています(黄身の色は鶏の餌の色が反映されます。やますけ農園の鶏たちは厳選した国産素材のお米などを食べています)。さっぱりしたやさし味です。しかし、雑味がなく、しっかりとした旨味があります。これが、本来のたまごの味です。

一般社団法人食大学さんが取られた官能検査アンケートによれば(不特定多数の方に試食)、やますけたまごの特徴として、次のような結果が出ました。

第1位 嫌な臭いが全く残らない・・・生たまごが苦手な人も食べられそうなたまご
第2位 舌にしつこく残らない・・・後味がしつこく口に残らない
第3位 卵白の口当たりが良い・・・さらっと、キレがあるのにビックリ

 

 やますけたまごの個性

 

グラフ

 

①雑味が少ない
②後味がさっぱりしていてキレがある
③嫌な匂いがしない

※一般社団法人食大学調べ(食大学の食味センサーを使った、「全卵」での測定結果)
http://www.caan.jp/wp-content/uploads/2014/11/tori_yamasuke_4.pdf